その昔、わたしたちは、半分光、半分肉体で、生きていました。

わたしたちの身体は、少し発光していて、

指が長く、

その指で物に触れると、そこに、光の波紋が広がりました。

 

言葉は少しだけ、ありました。

声帯がそんなに発達していなかったので、

たくさんの言葉を発することはできませんでしたが、

わたしたちは、エネルギーで会話していたので、

何も問題はありませんでした。

 

指を触れあって、エネルギーを届けます。

声帯で言葉を発して、そこにあるエネルギーを交わします。

目を閉じて、そのエネルギーを身体で感じます。

そこには、言葉では伝えきれないくらいの、

美しさや愛がありました。 

 

 

深い緑の森がたくさんありました。

可憐な小さな花が喜んで咲いていました。

植物たちは、花を咲かすことで、わたしたちとコミュニケーションを取っていました。

わたしたちは、指で触れ、エネルギーで彼らとコミュニケーションをとっていました。

 

美しい動物たちや、

妖精たちもたくさんいました。

虫たちも菌類たちも、喜びの中で、生きていました。

 

わたしたちは、ほんの少しの食べ物を口にしていました。

消化器官が発達していなかったので、物質的な物を消化するのは苦手でした。

 

ただ、光を食べていました。

食べ物にある光(愛やエネルギー)を食べていました。

わたしたちの肉体を維持するために必要なものは、食べる物、ではなく、光でした。

なので、物質的な食べ物はそんなに必要ではありませんでしたが、

仲良しの植物たちが、たくさんの食べ物をプレゼントしてくれるので、

わたしたちは、彼らの愛を、喜んで受け取っていました。

 わたしたちには、予期せぬ死がありませんでした。

肉体を地上にお返しする時期は自分で決めていました。

 

わたしたちは、半分光、半分肉体で生きていましたから、

肉体として、この世界に産まれて来る前の記憶を持ったまま、人生を生きていました。

 

肉体を地上にお返しするのは、死というよりも、半分光から、全部光、に戻るだけでしたから、

そこに悲しみはありませんでした。

 

そのときのわたしたちは、今の地球のわたしたちよりも、

だいたい10倍から20倍くらいの長さの時間を生きていました。

植物たちのように、長い時間を、ゆっくり穏やかに生きていました。

 

 

家族がいました。

人と愛し合いました。

いろんな存在と友達になりました。

  

全ての出来事とともに、愛がありました。

全ての物質とともに、愛がありました。

わたしたちも、愛でした。 

全てが愛でした。

全てが優しさでした。

 

わたしたちは、生きるために生活をする、のではなく、

喜びのために生きていました。

 

 

優しい優しい、この空間のことを、

レムリア。と、呼びました。

レムリアとは、国の名前や地域の名前ではなく、

空間(次元)の名称でした。

 

地球にもその空間(次元)はありましたし、

他の星にもありました。

銀河のいたるところに、レムリアはありました。

レムリアどうしは、ポータルで繋がっていたので、

自由に行き来することができました。

 

わたしたちは、半分光で、半分肉体でありながら、銀河の中をとても自由に出かけて、

たくさんの喜びを体験していました。

✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎

 今もあるの。レムリア。

地球には、遠い遠い昔に大きなレムリアが存在していたけど、

今もあるのよ、レムリア。

 

手を広げて、

「わたし(エゴ)」を手放して、

「意図」も手放して、

HugHarpを奏でてみると、

 わたしたちの周りにディセンション(次元降下)してくるの

レムリアが✨

 

わたしたちの地球が光だらけになる✨ 

ヒーリングハープ工房&手作り教室

星ノ音(ほしのね)

とも花

 

Hug Harp & 惑星ハープ 作家

花ランプ&キャンドルも作る、手作り大好きな人

京都出身、千葉県在住、元心理カウンセラー

日々のこと、ハープ作りのことなど、こちらで情報をUPしております。

どうぞ友達申請してくださいね。

https://www.facebook.com/tomoka0


会社概要

社名:星ノ音(ほしのね)  / 月優花愛(つきのやさしさはなのあい)

 代表:星ノ音 とも花

住所:〒272-0123 千葉県市川市幸2丁目9

連絡先:info@freepla.info

 ※一部のコンテンツが旧姓で表記されています。ご了承下さい。